1. ビジネスでメールを転送するときのマナー

ビジネスでメールを転送するときのマナー


そのまま転送しない

 来たメールをそのまま転送してしまうと、相手はどのような意図でメールを転送してきたかわかりません。なぜ転送したのかを明確にしてあげましょう。

転送メールで添えたい言葉

 転送するときは、「〇〇の件で転送いたします。」というような言葉だけではなく、理由をメール内に記述してあげましょう。例えば、「〇〇の部分が非常に参考になるため転送いたします。」という文や、「このようなメールが来たのですが、こちら側では回答できないため、返答をお願いします」というような文章があるといいでしょう。

メールを転送するときに気をつけること

転送してもいい内容なのかを確認する

 ビジネスでは、機密情報が含まれているメールもたくさんあります。転送することで、機密情報が相手に伝わってしまうようなメールは転送しないようにしましょう。そのためには、メールを転送してもよいか送信者に確認するといいのではないでしょうか。

転送の際は宛先に注意する

 転送の機能は便利ですが、宛先をかくにんせずに送ってしまうと、転送したい情報を伝えたくない人にメールを送ってしまうことがあります。TOやBCCの部分を注意深く確認しましょう。



 ここでは、ビジネスメールの転送をする時のマナーについて紹介しました。ただ 転送するだけでなく、目的がわかり、配慮の行き届いた転送の仕方を心がけましょう。ビジネスメールを転送するときにはここでのマナーを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する