1. ビジネスで電話をかけるときの留守電の入れ方のマナー

ビジネスで電話をかけるときの留守電の入れ方のマナー

 ビジネスシーンで電話をかけることはよくあることだと思いますが、留守電になってしまった時の対処法を知っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは、ビジネスシーンで電話をかける際の留守電の入れ方のマナーを紹介したいと思います。

留守電は必ず入れるようにする

 留守電を入れずに切ってしまうのは、マナー違反です。急を要する用件や、重要な用件でない場合でも、「株式会社〇〇の△△です。またお電話いたします」というような簡単なものでもよいので、相手に電話をしたということを伝えるようにしましょう。

ビジネスマナーに沿った留守電の入れ方

まず会社名と名前を名乗り、相手の電話か確認

 まず会社名と名前を言わないと、相手はどこからかかってきたのかわかりません。会社名と名前は言うようにしましょう。また、相手の電話番号が正しいか確認するのも必要でしょう。

用件を伝える

 用件は手短にまとめて伝えるようにして下さい。留守電では、時間に制限があり、また、ゆっくりしたスピードで話さないと聞き取れません。必要な用件の概要を相手に伝わるようにまとめておくようにしましょう。

折り返して欲しいか電話するのかを伝える

 最後に相手にどうして欲しいかを伝えましょう。そうすることで、相手も次に何をしなければならないのかがわかるでしょう。

留守電の入れ方の例

「株式会社〇〇の△△です。」
「〇〇様のお電話でよろしいでしょうか?」
「××について、ご相談したいことがあって電話しました。」
「また改めてお電話いたしますので、よろしくお願いします。」


 ここでは、ビジネスの電話のかけ方の中で、留守電の入れ方について紹介しました。留守電をマナーよく入れることで、相手とのコミュニケーションも円滑に進むでしょう。ここで紹介したことをしっかり活かして、よりよい電話のかけ方を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する