1. 【留守電の入れ方】仕事における留守電のポイント3つ

【留守電の入れ方】仕事における留守電のポイント3つ

【留守電の入れ方】仕事における留守電のポイント3つ 1番目の画像

 ビジネスシーンでは電話をかける機会が多々ある。

 しかし、ビジネスシーンで留守電になったときの対処法を知っている人は意外にも少ないのではないだろうか?

 今回はビジネスシーンで電話をかけた際、留守電になってしまったときのマナーを紹介したい。

ビジネスシーンでは留守電を必ず入れる

【留守電の入れ方】仕事における留守電のポイント3つ 2番目の画像

本記事のまとめ

  • 留守電の入れ方①:まず会社名と名前を名乗り、相手の電話か確認
  • 留守電の入れ方②:用件を伝える
  • 留守電の入れ方③:折り返してもらうor折り返しの電話をするのかを伝える

 留守電を入れずに切ってしまうのは、原則“マナー違反”であると覚えておこう。

ビジネスで使える簡素な留守電フレーズ

 急を要する用件や重要な用件でない場合は、「株式会社〇〇の△△です。またお電話いたします」というシンプルな留守電で十分だ。

 しっかりと留守電を入れて、相手に電話をした旨を伝えよう。

ビジネスマナーに沿った留守電の入れ方

【留守電の入れ方】仕事における留守電のポイント3つ 3番目の画像

留守電ビジネスマナー①:まず会社名と名前を名乗り、相手の電話か確認

 まず、会社名と名前を伝えなければ、さほど取引を重ねていない相手にとってはどこの誰からの電話なのかわからない。

 留守電では必ず、最初に会社名と名前を名乗ろう。

 また、自分がかけた電話番号が取引相手のものであっているかどうかを確認してみてほしい。

留守電ビジネスマナー②:用件を伝える

 ビジネスシーンでの留守電では、用件は手短に伝えよう。

 留守電では時間に制限がある一方で、ゆっくりしたスピードで話さないと聞き取れない。

 必要な用件の概要が留守電で伝わるように、電話口では焦らずゆっくり話すことを心がけたいところだ。

留守電ビジネスマナー③:折り返してもらうor折り返しの電話をするのかを伝える

 留守電の最後には、相手にどんな対応をしてほしいのかを明確に伝えよう。

 留守電に対するアクションを示すことで、どう対応すればいいのかが具体的になり、留守電のやりとりがスムーズになる。

【例文】留守電を入れるときに使えるフレーズ

  • 株式会社〇〇の△△です。
    〇〇様のお電話でよろしいでしょうか?

    ××について、ご相談したいことがあって電話しました。

    また改めてお電話いたしますので、よろしくお願いします。


 ビジネスシーンの電話で、留守電になったときの対処法について紹介してきた。ビジネスシーンにおける正しい留守電マナーについて理解できただろうか?

 留守電をマナーよく入れることで、相手とのコミュニケーションも円滑に進むはずだ。

 本記事の内容を活かして、よりよい電話コミュニケーションを目指してほしい。

社会人スキルは武器になる!20代・第二新卒の転職なら「マイナビジョブ20's」

【留守電の入れ方】仕事における留守電のポイント3つ 4番目の画像

 留守電の入れ方など、社会人になって覚えるスキルやマナーは多い。

 ビジネススキルやマナーを覚えた20代・第二新卒は、企業にとっても有望な若手であり、積極的に採用が行なわれている

 転職における市場価値の高い20代・第二新卒にとって、転職はキャリアアップをするチャンスだ。

 全ての求人を20代対象とした、20代専門の転職エージェント「マイナビジョブ20's」では、「初めての転職活動で、何から始めたらいいかわからない」「自分のスキルを活かして、キャリアアップをしたい」「若いうちからどんどん仕事を任されたい」など、転職の相談を専任アドバイザーが聞いて、20代・第二新卒の転職活動をサポート。

     次のキャリアステップを踏みたいという人は、一度「マイナビジョブ20’s」に登録してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する