1. 説明が苦手な営業マンがその改善のために意識するべき3つのこと

説明が苦手な営業マンがその改善のために意識するべき3つのこと

 人に分かりやすく物事を伝えるということは意外と難しいものです。今回は説明下手な営業マンに実践してもらいたい、自分の説明を相手に受け入れてもらう方法をご紹介します。

1. 合間合間に確認する

 説明を一気にしようと思うのではなく、合間合間に「ここまでの話で分からないことはありますか」と確認するクセをつけましょう。すぐに上手に説明できるようになることは難しいです。まずは、相手の疑問をそのままにしないようにすることを心がけましょう。わけが分からないまま話を進められてしまうと、その後の話を理解することも困難になります。

 また、相手が自分の説明のどこに分かりづらさを感じたのかを知ることは、自分の説明の仕方を振り返る上でも重要です。あとで、なぜその説明が相手に伝わらなかったのかを振り返る習慣をつけるといいと思います。

2. 簡単な言葉を選ぶ

 説明では難しい単語を使う必要はありません。なるべく簡単な言葉や相手になじみの深い言葉を使うようにしましょう。自分が普段使わないような単語を使われても、頭がなかなか受け入れてくれません。難しい言葉に関しては、簡単な言葉に置き換えてあげたり、たとえ話を出すなどして、相手がより聞きやすくなるような意識が大切です。

3. 説明することは1つに絞る

 今自分が何を説明しているのかを1つに絞ると、話の構成も立てやすくなります。あれもこれも説明したいと思っているとすべて曖昧になってしまうため気をつけましょう。自分が今何を説明しているのかをきちんと時価食いしているということもポイントです。

 上手に説明するということは急にできるようになることではありません。しかし、より相手に説明を受け入れやすくすることを意識することは大切です。その経験の中で、自分の説明のどこを変えればいいのかを知って改善していくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する