1. 「もしもし」は使ってはいけない!?ビジネスにおける電話の最初の挨拶のマナー

「もしもし」は使ってはいけない!?ビジネスにおける電話の最初の挨拶のマナー


「もしもし」はビジネス的にはマナー違反

 電話応対の中であまり知られていないマナーかもしれませんが、ビジネスにおいては、「もしもし」という言葉はマナー違反となります。「もしもし」は、学生言葉と言われることばで、ビジネスシーンにそぐわないというのが理由のようです。

「もしもし」の代わりに使うべき挨拶

 「もしもし」の代わりにビジネスシーンで多く利用されている挨拶は「お世話になっております」という挨拶や、「お忙しいところ申し訳ありません」というものが一般的です。また、単純に「はい、株式会社〇〇です」という電話の挨拶もビジネスシーンにのっとった挨拶と言えるでしょう。



 ここでは、ビジネスシーンにおける電話の最初の挨拶のマナーについて紹介しました。「もしもし」を利用していたという方は、この記事で紹介した挨拶に変えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する