1. 英語力を活かせる営業職を探すのに便利な転職サイトと応募するときのポイント

英語力を活かせる営業職を探すのに便利な転職サイトと応募するときのポイント


 近年、グローバル化を進めている企業が増えています。それに伴い、多くの企業が社員の英語力を求めています。会社内での会話は全て英語という企業もあります。今後益々、社会のグローバル化は進んでいくと思います。英語力がある社員は営業職にとっても価値が高いです。沢山の幅広い国籍の方と接する機会が多い営業職だからこそ、英語力は求められています。なので、英語力を活かしてキャリアアップするチャンスは沢山あります。グローバル系の転職サイトも多く存在するので、大いに活用して納得のできる転職をしましょう。そこで英語力を活かせる営業職を探すのに便利な転職サイトと応募するときのポイントを紹介していきます。

オススメの転職サイト

①Careercross

 英語が活かせる外資系、グローバル企業転職求人サイトです。英語面接対策セミナーもあります。英文履歴書の基本等、勉強になる情報もあります。

②Japantimesjobs

 自分のスキルから、細分化しながら転職先を見つけることができます。

③マイナビ転職グローバル

 海外での勤務地も検索することができます。履歴書の書き方等の特集ページもあります。


④DODAグローバル

 転職成功ガイドというページもあり勉強になります。

応募するときのポイント

カバーレターをつける

 人事採用担当者が履歴書よりも先に、英文カバーレターに目を通す企業は多いです。人事採用担当者はカバーレターを見て、面接をするかどうかを決めることもあります。カバーレターでは、これまでの経験やスキルをどんな点に活かすことができるのかアピールしてください。頭語や、大文字や小文字にも注意しましょう。

履歴書は日本語と英語の両方用意する

 外資系企業では様々な国籍のスタッフが働いています。なので、どの国籍の担当者も読めるように、日本語と英語の履歴書を用意するといいでしょう。誤字や脱字にも気をつけましょう。

応募する前には必ず確認する

 最後にスペルや文法の間違っていないか必ず確認しましょう。ここでミスをしてしまうと書類選考で落とされてしまうことがあります。また、自分の情報も正しく記入しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する