1. 資料を最小限に済ませる!プレゼンにおける「共有ファイル」の使い方

資料を最小限に済ませる!プレゼンにおける「共有ファイル」の使い方

 皆様はプレゼンテーションをする際に大量の荷物と資料をご用意されていると思います。しかし、現在では共有ファイルを利用するだけでその大量の荷物を利用することなく、また資料を最小限にすませることができます。またその共有ファイルを利用することによって、新たに商品の販促に繋がる場合もございます。そこで今回、どのようにすれば効果的なプレゼンになるのかをご紹介したいと思います。

まずは操作に慣れておく

 いくら共有ファイルを利用したプレゼンでも軽装はまずいのではと思われる方がいらっしゃると思いますが、問題ありません。タブレット端末と2ページほどの紙の資料を持っていくだけでも大丈夫です。お客様が驚かれた場合には、実際にこの共有ファイルのプレゼンを行ってみると納得してもらえるでしょう。


 ただし、プレゼンをする際には事前準備を怠らないようにしましょう。 事前準備とはすぐに共有ファイルを開ける状態にしておくことと、共有ファイルの操作に慣れておくことです。操作がおぼつかなかったら不審に思われる可能性もあります。そのため皆様がもし共有ファイルのプレゼンを利用する際には大量の資料をファイルに入れておき、事前準備を怠らないようにしましょう。

共有ファイルの具体的な使い方

 営業として成績を残したいのであれば今回紹介する商品以外にも商品をお客様に購入していただけなければなりません。1つのプレゼンで2つから3つの商品を売ってしまえば効率が良いでしょう。


 例えば貴方が今回プレゼンする商品が共有ファイルのシステムだったとします。これほど便利な商品であり、またこの大量の資料をこのファイルに入れてしまうだけで大量の荷物を持つことなく営業に行けます等、プレゼンはお客様に共感をもらっていただきました。普通の営業マンは1つのシステムを販売して満足してしまいます。しかし成績を残している営業マンは違います。 この時に一緒に営業で使用するかと思いますのでタブレット端末、もしくはウルトラブックが必要になると思いますと言い、システムと一緒に販売してしまうのです。その販売方法は他にもございますが、一例として共有ファイルと一緒に販売することによって数字を上げることができます。 


 共有ファイルは非常に便利なシステムですが意外と知られていないシステムでもあります。そのため未だに販売チャンスはございますので皆様も共有ファイルを利用してプレゼンをしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する