1. 「お客さんから怒られる…」という悩みを抱える営業マンにおくる効果的な対処法

「お客さんから怒られる…」という悩みを抱える営業マンにおくる効果的な対処法


 営業マンをしている人なら一度は経験したことがあると思います。それがお客さんから怒られることです。お客さんから怒られる原因は様々だと思いますが、営業マンとしてお客さんをそのままの状態にしておく訳にもいかないし、最悪の場合、今までお世話になっていたお客さんを失う可能性もあります。そこで今回は、お客さんから怒られることがあった場合の対処方法を書いていきたいと思います。

原因が自身に無くてもすぐに謝罪する

 怒られる原因は様々だと思いますが、原因が自身に無くとも必ずこちらから謝罪するようにしましょう。原因はお客さんにあるのになぜこっちが頭を下げて謝罪をしなければいけないのかと思う人もいると思いますが、お客さんを怒らせた原因が全てお客さんだけとは限りません。もしかしたらそのような雰囲気にしてしまったこっち側にも原因がある可能性があります。

 では、どのように謝罪をした方が良いのか。一番良い方法はすぐに訪問して謝罪することです。もし謝罪に来て会っていただけなかったら、今度は手紙を送るようにしてみましょう。もちろん手書きの謝罪文です。それを行うことによって誠意をお客さんに見せていけば自然とあちらも納得していただけると思います。

時には時間を置いてみる

 手紙を書いても時には顔を合わしてくれないお客さんもいます。その場合は数日空けて再度訪問してみることをオススメします。怒ったお客さんは一種の興奮状態に陥っている可能性が高いので、興奮状態が治まらない限りは話もまともに聞いてくれない場合が多いです。

 しかし、ただ単に放置すればよいと言うわけではありません。社長の奥さんや担当者の近くにいる方に現在の状況を確認することを忘れないようにしましょう。もしその人たちと信頼関係が築けていれば、今は厳しいと思う、または今だったら怒りが治まっているからチャンスだよと教えていただけることもあります。ただ単に放置するのでなく少なからずアクションを起こしておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する