1. ビジネスの電話応対の時に覚えておきたい、電話の切り方のマナー

ビジネスの電話応対の時に覚えておきたい、電話の切り方のマナー


 ビジネスにおける電話の応対で忘れてはならないのが、電話の切り方です。最後の切り方が悪いと、今まで丁寧な対応をしていたとしても台無しになってしまうでしょう。ここでは、ビジネスにおける電話の切り方のマナーを紹介したいと思います。

切る前に挨拶をする

 電話を切る前は、まず電話を切る挨拶をしましょう。例えば、電話をかけた場合は「お忙しいところありがとうございました」、電話がかかってきた場合は「お電話ありがとうございました」というセリフがいいでしょう。こうすることで、相手も電話を切るタイミングがわかるのではないでしょうか。

挨拶をして、電話を切る

 電話をかけた場合でもかかって来た場合でも最後は「失礼致します」という言葉で締めると良いでしょう。

電話を切るのはかけた側から

 電話を切るのはかけた方の人間からというルールがあります。かけた人は先に受話器を置くようにしましょう。このとき、相手にうるさくないよう、受話器はそっと置くようにすると良いです。

かかってきた側は、通話が終わるまで、受話器を耳に

 かかってきた側は、通話が終わるまで受話器を耳に当てておきましょう。そうすることで、相手が言い残したことがないかを確認しながら通話を終わらせる事ができます。



 ここでは、ビジネスシーンにおける電話の切り方のマナーについて紹介しました。かかってきた場合でもかけてきた場合でも、マナーをしっかりと守って、好感を持たれるような電話応対を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する