1. 営業マンが数字を意識しながらモチベーションを維持する方法

営業マンが数字を意識しながらモチベーションを維持する方法


 営業マンの人の多くが一ヶ月に達成しなくてはならないノルマや1年で計算して達成しなければならないノルマがあるかと思います。ノルマの数字を意識しているには意識しているが結局お客様が了承しないから達成できないと他人に原因を擦り付けたり、もしくはただ単に上司から怒られるだけだから達成しなくてもいいやと最初からノルマを意識せずに仕事をされている人は実は多いのではないでしょうか。ではどのようにすれば数字を意識して成績を向上できるのでしょう。

上司や役員と約束をしてみる

 例えば、もし今月のノルマを達成し、来月のノルマ分も達成しましたら有給を取ります、または上司の奢りで飲みに連れて行ってください、など身近な内容です。上司に約束してしまいますのでどうあっても逃げることはできません。そのため何が何でもノルマ以上の数字を達成してやろうと躍起になって仕事に取り組むことができるのです。もちろん約束を果たすことができない場合もあります。


 しかし、それでも言うのと言わないでは大きく異なります。あまり仲良くない上司に話しかけるのが嫌であれば身近な先輩社員とでも良いででしょう。何もしないよりは変化を期待できると思います。

楽しいことを考えながら仕事をしてみる

 営業活動をしていて楽しいことなんて意識できる訳ないと思う人も多いかもしれませんが、間近の楽しみではなく後々の楽しみについて考えてみるのです。例えば、今月ノルマとして課せられている数字を2倍、3倍こなして来月か再来月には有給を取得して旅行に行く計画を頭の中で立ててみたりです。仕事とは別のことを考える、という点が重要です。しかし、仕事中別のことばかり考えて集中を切らしてしまわないように注意しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する