1. 新人営業マンが目標を立てるときに意識しておきたいこと

新人営業マンが目標を立てるときに意識しておきたいこと


 目標というものはとても大切なものです。目標があれば営業する意欲も湧いてくるはずです。目標がなければやってもやらなくても同じなので、頑張ろうという意欲が湧いてきにくくなってしまいます。さらに、営業の仕事は数字がなければ会社は成り立ちません。組織としての目標も当然ありますが、個人での目標を考えることでより仕事に対する意欲を出せるのです。

まずは目標を細分化する

 よくある方法が「○円新規を取る」「1日3件声かけをする」というようなものです。これも確かに目標ではありますが、数字以外に具体性がありません。具体性がなければできない場合はそのまま放置してしまう恐れがあります。結果を出す方法がわからないのです。それでは目標を立てる意味も半減します。ですので、目標設定で大切なことはより細分化する必要があるということです。○円の新規を獲得するためには、月々でいくらというように考えます。そして、次は1日あたりいくらです。1日あたりの金額が提示されれば、今日は達成できたから飲みに行こうという活力も沸いてきます。逆に達成できなければ、今後はどういうやり方をしようかと考えます。ここが大切なことです。

実現可能なものにする

 目標を達成するために、より具体的に考えることで当然誤差が生じます。その誤差をいかに克服するのかという姿勢が大事です。そして新人の場合、特に注意すべきなのが実現可能かというところです。具体的に考える一方で、新人の場合はほとんどスキルがないということを考慮し、それが実現可能な数字かをしっかり吟味しましょう。目標は頑張って努力してたどりつける数値であることが大切なのです。達成できれば当然達成感も味わうことができるので、今後の活躍も期待できます。目標がノルマと感じない程度に、そして具体的に行動可能な計画こそが新人の営業マンが掲げるべき目標ではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する