1. ビジネスにおける靴の選び方・履き方のマナー

ビジネスにおける靴の選び方・履き方のマナー


 「おしゃれは足元から」という言葉もありますが、ビジネスにおいては靴のマナーができていないと、印象が悪くなってしまうようです。ここでは、ビジネスにおける靴の選び方・履き方のマナーを紹介します。

ビジネスに適した靴

 ビジネスの場では革靴を履くのがマナーです。革靴の色としては茶色か黒のものを選ぶようにしましょう。茶色のなかでは、明るい茶色は避けて、ダークブラウンのような色を選ぶと良いです。

社内ではラクな靴でもよい

 社内ではサンダルやスニーカーなどのラクに過ごせる靴を準備するのも良いでしょう。しかし、社外や、重要な会議、上司との打ち合わせの時などは、革靴を履くようにしましょう。

ビジネスにおける靴の履き方

 せっかく正装しているのにもかかわらず、だらしない靴の履き方ではいけません。靴のかかとを踏むような履き方は避け、紐がある靴の場合はしっかりと結ぶようにして下さい。

靴を綺麗な状態で保つ

 靴を綺麗な状態で保つのもビジネスマナーの1つです。靴は何足か持っておき、ローテーションして履くといいでしょう。また、週に一回はクリーナーで汚れを落とし、靴墨を塗って手入れをするようにしましょう。




 ここではビジネスにおける靴の履き方や選び方のマナーを紹介しました。きちんとした靴を選び、清潔感のある状態を保つことがビジネスマナーと言えそうです。靴をしっかりと選んで履き、身だしなみの整ったビジネスマンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する