1. PowerPointの色はこうやって決める!プレゼン資料の配色のコツ

PowerPointの色はこうやって決める!プレゼン資料の配色のコツ


 スライド作成で差がつくのが配色です。きちんと考えられた配色のスライドが見やすいのに対して、いい加減な配色のスライドはごちゃごちゃしていて頭に入ってきません。では、センスのいい配色はどのようにすればできるのでしょうか?今回はPowerPointでスライドを作るときの配色のコツを紹介します。

テーマカラーとアクセントカラーを決める

 たくさんの色を使うと見づらいスライドになります。使う色は大きく分けてベースカラーとテーマカラーとアクセントカラーの3色に絞りましょう。ベースカラーは白や黒と言ったスライドの地の色です。ベースカラーが全体の7割くらいになるのが理想です。


 テーマカラーがあなたがメインで使う色です。あなたのプレゼンのイメージに合う色を選びましょう。アクセントカラーはテーマカラーと対照的な色で、文字の色や下線に使ってその部分を強調します。全体に対してテーマカラー25%、アクセントカラー5%くらいが有効です。

テーマの設定でイメージを崩さず配色できる

 では、どのようにしてテーマカラーとアクセントカラーを決めるのでしょうか?失敗しない確実な方法は、スライドのテーマにある色を使うことです。「デザイン」タブの「テーマ」、「配色」を選べばスライド全体のカラーが変更できます。その中の1色をテーマカラーに、その色とは全く違う色をアクセントカラーにすればいいでしょう。



 まずは3色だけを使った配色に慣れましょう。配色の基本やコツが分かってきたらもう少し違う色を増やしてみてもいいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する