1. 英語を駆使して営業力を強化するためにはどうしたらよいか

英語を駆使して営業力を強化するためにはどうしたらよいか


最近では、国内に留まらず海外からのお客様も皆様の企業の商品を購入したいと言って来られるケースが増えています。そこでどうしても必要になってくるのが英語です。とは言っても英語を流暢に話すことはできず、またお客様が外国の方の場合、お話されていることも全く聞き取れない等の自体に陥る危険性があります。それではどのようにすればこのようなお客様に対応できるのか、また英語を駆使して営業力は強化する方法について書いていきたいと思います。

まずは中学生レベルの英語から始める

 相手は海外のお客様なのに中学生レベルの英語を学んだぐらいでは対応も出来ないし、営業力の強化にも繋がらないと反発の声もあるかもしれませんが、大体の営業であれば中学生レベルの英語である程度は通用します。例えば、これはこう言う商品ですと言った説明をする場合、中学生の英語の時間に学んだThisなどを利用して知っている単語で組み上げていけば十分通じます。また、海外のお客様に質問する場合も5W1Hを利用して会話をしてみましょう。商品の納期について、どのぐらいで届けばよいのかと言った時にはWhenを利用すれば良いですし、どこに届ければ良いのかと言った場合にもWhereを利用して組み立てるだけである程度は伝わるはずです。

会社の制度を有効活用して英語を学ぶ

 現在、会社によって異なりますが英語のスキルをある程度身につけることによって給与が上がったり、中にはボーナスの金額が一気に増えると言ったような制度を採用している所が目立つようになってきました。また、ある試験を受験するのであれば会社が受験費用を負担してくれる会社も出てきました。会社がこのような制度を用意しているのだから使わない手はありません。しかし、多くの人がこのような制度があるにも関わらず利用していない人は多いのではないでしょうか。是非、自社の制度を再確認して有効活用するというのも視野に入れてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する