1. 飛び込み営業の件数を増やすために営業マンが心がけるべき3つのポイント

飛び込み営業の件数を増やすために営業マンが心がけるべき3つのポイント


 営業で成果を出すためには「質より量」、つまり飛び込み件数を増やすことが近道です。限られた時間の中で少しでも飛び込むためには、考えずに足を動かしていればいいというわけではありません。1日の訪問件数を1件でも増やすためにできることをご紹介します。

行く場所の目処は立てておく

 もともと訪問する先が決まっている時だけでなく、手当たり次第という時にもきちんとどこを回るのかという目処は立てておくようにしましょう。「今日は○○駅周辺の会社に飛び込み営業をする」と言っても、下調べもせずに行くのは時間の無駄です。その駅周辺にはどのような会社があるのかを事前に調べ、できたらその企業についてもきちんと情報を集めておくことが必要です。

飛ばさない

 飛び込み営業でなかなか件数を増やせない人は、「ここは無理かもしれない」と飛ばしてしまうことが多いと思います。入りにくそうだからと諦めてしまうのではなく、その駅周辺の法人に飛び込むと決めた時には、目に入った会社は飛ばさずに飛び込むようにしましょう。一度飛ばしてしまうとそのクセがついてしまいますし、飛ばさなかったことで得られることもあるはずです。

1件当たりの時間を決めておく

 訪問して話を聞いていても、無駄に話を引き延ばそうとするのではなく、「○分たったら諦めて帰る」という姿勢も件数を回るためには大切です。見込みがなさそうな顧客に対して粘るよりも次の会社に行ってしまった方が新しいチャンスをつかめるかもしれません。


 常に目標件数を設定し、それを継続してこなしていけるようにぜひ上記の3点を心がけてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する