1. 営業マンがタブレットを使うことによって得られる効果とは

営業マンがタブレットを使うことによって得られる効果とは


 タブレットと言えばApple社のiPadが切り開いた新しいデバイスのジャンルですが、Android OSやWindowsが搭載されたものなど非常に多くの種類が発売され、一部は既存のノートパソコンやネットブックのシェアを奪うまでに浸透してきています。利用シーンも従来の趣味の延長から教育やビジネス分野に大きく広がって来ています。

タブレットをビジネス活用をする上でのメリット

 タブレットにももちろん利点と欠点はあります。タブレットはまだ現状ではフルスペックのノートパソコンよりも処理能力や記憶容量の面で非力さがあるのは否めません。また、iOSやAndroidタブレットの場合、マイクロソフトオフィスのファイル作成がやややりにくいという面はあります。しかし価格が安価である点や軽さ、起動の速さやなどタブレット端末特有の多くのメリットや効果があるのも確かです。

営業マンがタブレットを使うことによって得られる効果

 営業時でタブレットの活用によって得られる効果として、まず挙げられるのが客先の商談時などに多くの資料を相手先に見せられる事です。ノートパソコンでも資料を見せる事は可能だと思いますが、持ち歩きには重いものが多いですし、逆に持ち運びやすいノートパソコンは画面が小さくなってしまいます。この点タブレットは画面が大きくとってありますし、静電式のタッチパネルを採用しているものが多いですから、画面を相手に向けた状態で資料をめくるのにも適しています。


 タブレットのローカルで資料を多く蓄積して、相手に合わせて紹介する事もできるでしょうし、クラウドを使えばより多くの資料を選択できる事になります。また手元ではパソコンを操作したり紙の資料を見つつ、相手にはタブレットを見てもらって簡易プレゼンを行う事も出来るでしょう。同時にネットにもつなげられるわけですから、WEB上のサービスをリアルタイムで見せる事もできます。


 そしてタブレットの軽快さは普段の営業の移動時などにも活躍するでしょう。メールやWEBのチェックや資料の確認などはタブレットひとつあれば難なく行える事になります。スケジュール管理に使うのにもこんなに便利なものは無いでしょう。またアプリなどが豊富にありますから機能の拡張性も非常に大きいものがあります。正に今までノートパソコンなどでしかできなかった事が軽快にこなせるようになり、しかも相手先との共有などにも適しているのがタブレットです。営業活動にタブレットを導入することによる効果も絶大と言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する