1. プレゼン準備はこの手順でやればOK!プレゼン準備の初めから終わりまで

プレゼン準備はこの手順でやればOK!プレゼン準備の初めから終わりまで


 「プレゼンをすることになったけどどうすればいいかわからない……。」そんな人のために、効率のいいプレゼン準備の手順を紹介します。プレゼン準備には緻密な分析も必要ですが、時には大胆さも必要です。では、やるべきことを見てみましょう。

1、まずは結論を決める

 一番最初に決めるのはプレゼンの結論です。これはあなたがプレゼンで主張したいことです。まずは終着点を決定して、徐々に肉受けしていきましょう。

2、必要な項目をどんどんスライドにする

 結論が決まったら、そこにたどり着くのに必要なデータを収集します。ここではデータの詳細は気にしないでください。どのデータを、どの順番で使うのかが決まったらとりあえずそれをスライドにして並べてください。これでスライドの骨格が完成します。

3、詳細を埋める

 骨格が完成したら次は肉づけです。一枚一枚のスライドに必要な情報を書き込みましょう。これで大体の構成は完成です。必要十分なデータはそろっているでしょうか?

4、スライドとスライドのつなぎ目を考える

 スライドが完成したら、それぞれのスライドをどうつなげば聴き手に分かりやすいかを考えます。スライドとスライドの接続の仕方や、上手な話題の転換の仕方を決めましょう。ここでは、実際にどのようにしゃべるのかも想定してください。

5、通しで練習する

 いよいよ全行程の完成です。後は最初から最後まで発表練習をしてみましょう。何か伝え漏れていることはないでしょうか?しゃべり方を探りながら、スライドに不備がないかもチェックしましょう。



 いかがでしょうか?まずは結論を決めて、徐々に細かい部分を決めるのが上手なプレゼン準備の手順です。どこでトラブルがあるか分かりません。準備には余裕をもって臨みましょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する