1. 成績を上げたい営業マンが読んでおくべきおすすめの本3選

成績を上げたい営業マンが読んでおくべきおすすめの本3選


 皆さんは営業マンといえばどのようなお仕事を想像するでしょうか。色々な物品や品物の購入を促す職で、コミュニケーション能力さえあれば成り立つと考えている方も大勢いらっしゃるかもしれません。 確かに営業職においてコミュニケーション能力は必須です。 コミュニケーションをとることでそれが商品の販売に繋がることもあるでしょう。 しかし、お客様の中には営業によくないイメージを持っている方がいたり、相手の方が口上で勝っているという場合もあるかもしれません。 また、こちらもセールスである以上、販売せざるを得ない場合もあるでしょう。 そう、営業マンとは思ったよりも、テクニックのいるお仕事なのです。 ここでは、どんなお客様に対しても接することができ、販売を促すことのできるようになる為に、参考の本をいくつか紹介します。

①『これならわかる!できる!自信も湧いてくる!営業の強化書 』(長尾一洋)

 営業のノウハウなどが分かりやすく完結にまとめられています。 また、図解により要点なども簡略化されているため、必要なページをさっと見返すことも可能です。 営業の基本や、アポの取り方、商談の進め方など、営業マンが必ず直面するであろうシーンに対するヒントが書かれています。

②『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク 』(佐藤昌弘)

 この本では、営業初心者にもお勧めのセールストークの仕方が具体的に紹介されています。 営業トークの組み立て方などは営業する上で非常に参考にもなります。 また、すぐにでも実践可能なことが書かれているため、すぐに使えるという点も嬉しいです。 人気の本ですし、一度読んでみて損はない本だと思います。 

③『営業に役立つコミュニケーションのポイント セミナーのように2時間でスッキリわかる! 』(関根 雅泰)

 こちらは時間が無いという方や、本を読むのがあまり好きでは無いという方にお勧めの本です。 自分は営業マンとして向かうため普段は気づきにくいですが、営業マンが来たときのお客様の視点から解説してくれているため発見も多いはずです。 また、実際にどのような会話がよくて、どのような会話がよくないのか、例として取り上げられているため、非常に分かりやすく、心理学の勉強にもなります。


 ここに挙げた本は多数ある営業の本の中の一部分です。 中にはここに挙げた本以外でも良い本はあると思います。 しかし、もしどの本を手に取ればいいか分からない場合、こちらの本を手に取ってみるのもお勧めです。 本を普段は読まないという人でも、たまには本を手にとって、自分磨きの参考にしてみるのもよいかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する