1. 営業マンが提案を成功させるために改善したいたった1つの意識

営業マンが提案を成功させるために改善したいたった1つの意識


 営業で顧客に提案するということに苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか。特になかなか結果が出ないとどうすればいいのか分からなくなる時もあると思います。今回は、少しでも成果を出すためにがすぐに実践できる改善方法をご紹介します。

過度な情報集めはしない

 営業マンの中には、提案するための知識をつけようとして顧客に会う前に念入りな情報収集を行っている人もいます。確かに情報集めは重要ですし、こちらから提案するためにはある程度の情報や知識は必要です。しかし、自分が満足するまで情報を集めようとしてもキリがありません。高度な提案をしなければいけないと思いすぎることは結果を出そうとする時には足かせになりえます。

その分足を動かす

 インターネットから情報を集めようと1日デスクにかじりついているのなら、その分足を動かすようにしましょう。つまり訪問する軒数を増やすということです。

どんなにお客様の課題を聞き出すスキルを磨いたとしても、素晴らしい提案のひな形が出来たとしても、話を聞いてくれるお客様が少なければ、宝の持ち腐れということだ。
 そして、スマートで、プレゼン一発で受注を決めそうに見える提案型営業にこそ、提案とは関係のない世間話をする、愚痴をきくなどの、一見、回り道にも見える地道なアプローチが重要だということだ。

出典: 営業の提案力強化に行き詰ったら、イチローを見習おう|日本総研

 提案を意識しすぎるあまり、足が止まってしまうということは本末転倒です。結果を出すために、まず改善するべきなのが「高度な提案に固執しない」ということです。そもそもの前提が間違っていないのか振り返ってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する