1. チームの進捗状況を管理するためのツール3選

チームの進捗状況を管理するためのツール3選


 チームの進捗状況を管理するためには、報連相の徹底というだけではなかなかうまくいきません。いまは様々なツールがたくさんあるので、それらを活用しスムーズな管理をしましょう。ここではチームの管理におすすめのツールを3つご紹介します。

目次
+ Backlog
    + Trello
      + Wrike

        Backlog

         Backlog(バックログ)というのは、ビジネス上のコミュニケーションの中に楽しさを導入し、無機質なやりとりではなくどこか心が明るくなるような仕掛けを言えることによって、管理ツールなのにも欠かわらずモチベーションアップも図ろうとしている、なんとも欲張りなサービスとなっています。


         4ヶ国語対応の上スタンプなどの昨日も満載なため、違う言語間でもコミュニケーションが取りやすいというのがメリットです。

        Trello

         Trello(トレロ)というのは、とてもシンプルなタスク管理ツールです。このサービスの大きな特徴は、綺麗なUIと高いUXにあります。


         To do/Doing/Doneという3つのセクションに分かれており、タスクを設定しそのドレかにドラッグアンドドロップするだけで、いまこのタスクがどういった状況にあるのかということが一目でわかります。チーム内のボードを作ればそこで共有できるので、ぜひ使ってみてください。

        Wrike

         Wrike(ライク)は、メンバー間のスケジュール状況やタスクの進捗状況などがリアルタイムで分かるツールです。また、マルチタスクにも対応しているのも使い勝手が良い1つの要因となっています。


         Googleドキュメントの編集方式を追加したりDropboxとの同期機能も増えたので、ビジネスマンにとっては第二のタスク管理ツールとして重宝されそうなサービスです。


        U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
        この記事を報告する