1. 営業マンが仕事効率を上げるために意識しておきたい時間配分と仕事の範囲とは

営業マンが仕事効率を上げるために意識しておきたい時間配分と仕事の範囲とは


 取引先の反応やアポの時間などの都合で、その日の仕事の多さが大きく変わってくるのが営業マンだと思います。もし、日々忙しく、残業、休日出勤に明けくれていたとしたら「段取りが悪い」「要領が悪い」「それは本当に今やるべき仕事なのか?」と疑ってみてください。 人間が集中出来る範囲は大体決められています。24時間から食事に睡眠時間を引いたとしても大して時間は残っていません。今回は、そんな状況を打破し、仕事効率を上げる方法を書いていこうと思います。

一日の始めにタイムマネジメント

 仕事量の範囲を設定して1日のスケジュールを作ります。それ以外の仕事は入れません。作りません。クレーム処理もありますが、そういう仕事は「予期せぬ仕事」として別枠にして置きます。この予期せぬ仕事が過剰に仕事の範囲を増やしてしまうものです。人に頼まれて「時間がありません」ではいけません。頼まれたら出来る限りのことをする余裕をあらかじめ持っておくことが重要なのです。

無駄な仕事を削減する

 厳しく言えば、経営者目線で成績の上がらない人間が長い時間会社の経費を使うなら早く帰宅して欲しいと心で思っている経営者はきっといるはずです。 そう思われない為にも仕事範囲をきっちり設定して行動し無駄な時間を作らず集中力をアップして取り組んだ方が良い仕事が出来ます。その分、会社に残っていないで早くプライベートの時間を充実させた方が明日の糧になるものです。

今日すべきことをできる人がデキる営業マンのコツ

 あなたの仕事のやり方が周囲に認められ、その積み重ねを多くのスタッフが共有出来れば会社は今まで以上に発展する要素を持っています。「今日すべきことをきっちりとやる」一見、楽そうに聞こえますが大変なことです。ただこれが仕事を能率的に行う「デキる営業マン」だということを、分かる人はちゃんと理解しています。今日すべき仕事が出来ない人に明日の仕事など出来るものではありません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する