1. 提案を上手に伝えるプレゼンの構成とは?

提案を上手に伝えるプレゼンの構成とは?


 プレゼンの核となる項目「提案」。提案を上手く伝えることがプレゼンの目的と言っても過言ではないでしょう。では、提案を効果的に伝えるためにはどのような構成でプレゼンを作ればいいのでしょうか?提案を上手に伝えるための構成を紹介します。

提案は最初と最後に二度話す

 提案は一番初めと一番最後に二回伝えましょう。大まかに言って、プレゼンはイントロとボディとエンディングの3つで構成されます。この中のイントロとエンディングで提案を話すのです。イントロでは提案をざっくり話して観客にプレゼンの目的を伝えます。その後、ボディで提案内容を詳細に話してからエンディングでもう一度提案を話してください。イントロでは詳しい内容が分からなかった提案が、エンディングで聞いたときには明確にイメージできるようにするのが目標です。

理想と現実を提示すれば伝えやすい

 では、どのようにすれば提案を上手く伝えられるのでしょうか?理想と現実を提示すると効果的です。ある状況について、まずは望ましいとされる状態(理想)を紹介します。次に、それが達成されていない状況(現実)を提示します。この2つのギャップを埋めて、現実を理想に変えるのがあなたの提案であると説明すればいいのです。なので、ボディの部分ではあなたの提案が現実と理想をどうやって橋渡しするのか伝えればいいのです。



 いかがでしょうか?提案を上手に伝えられるかどうかはプレゼン自体の魅力に直結します。このような構成を使って効果的に提案を伝えてください。




U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する