1. 名刺を切らした時の対処におけるビジネスマナー

名刺を切らした時の対処におけるビジネスマナー


 名刺を切らしてしまい、相手に迷惑をかけてしまった経験のある方は多いのではないでしょうか。名刺を切らすことはビジネスマナー違反になりますが、名刺を切らした時の対処も大切になります。そこで、ここでは名刺を切らした時のマナーを紹介したいと思います。

名刺が切れていることを相手に詫びる

 名刺を切らした時の対処としては、まず、相手に名刺がないということを詫びることから始める必要があります。「忘れました」という言葉ではなく、「大変申し訳無いのですが、名刺を切らしてしまいまして…」という言葉を使うようにしましょう。相手にビジネスマナー違反をしてしまったことを詫びる気持ちが重要なのではないでしょうか。

名刺がわりに、自分の会社名と役職、名前を名乗る

 その場で不便をきたしますので、名刺を忘れた時は、役職名や名前などの簡単なプロフィールを相手に伝えることも忘れずに行いましょう。

早い時期に相手の会社へ名刺を送付する

 名刺を切らした場合は、相手に早急に名刺を送付するようにしましょう。この時に、「名刺を切らしてしまって申し訳ありませんでした」などの言葉を一緒に添えるといいでしょう。また、名刺は裸で送付するのではなく、カードケースや紙包みに入れるのがマナーです。




 ここでは、名刺を切らした時のマナーについて紹介しました。名刺を切らしたことをお詫びし、早いタイミングで名刺を相手に送付することがマナーと言えます。万が一名刺を切らした場合は、ここでの対処法を参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する