1. 転職回数の多い営業マンが転職を考えたときにやっておきたいこと

転職回数の多い営業マンが転職を考えたときにやっておきたいこと


 転職回数が多いと、職務履歴にどこまで書くべきなのか、面接の際に不利にならないだろうかなど、悩むことが増えてくると思います。しかし、事前の準備さえ確実にこなしておけばそれほど悩む必要はありません。では、転職で技術をアピールし辛い営業マンに絞って、転職回数が多い状況を上手く利用する方法を書いていきたいと思います。

退職理由を具体的に説明できるようにしておく

 面接官側からすると、なぜ転職を繰り返してきたのか、というところに着目したくなります。そのときに、曖昧な反応をしてしまったり、発言に困ったりしてしまうと、イメージ的に「ネガティブな退職」を繰り返してきたのだな、と思われてしまう可能性があります。その結果、どこかに問題がある人なのかもしれないと勘ぐられてしまうと転職が成功することは難しいでしょう。ですので、退職理由に関しては具体的に説明できるように事前に準備しておくことが必要です。

転職理由を会社のせいにしない

 転職理由を「仕事かきつかったから」「給料が安かったから」など、前の会社のマイナス面を押し出したものにしてしまうと、もし本当にそうであったとしてもあまり良いイメージは持たれません。そこに転職回数が多いという事実が加算されると「すぐ文句を言う人なのかな……」とマイナスな印象を持たれてしまう可能性があるので、良い理由としては「キャリアアップのため」「もっと質の良い仕事をしたい」などが妥当ではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する