1. 聴き手をプレゼンに引き込む話し方のテクニックとは?

聴き手をプレゼンに引き込む話し方のテクニックとは?


 どのようにすればプレゼンが聴き手に良く伝わるのでしょうか?方法の一つは話し方に注意してみることです。同じ資料を使っても話し方一つで相手の心に届くかどうかは大きく変わります。今回は聴き手に届く話し方のテクニックを紹介します。

感情をこめて話す

 気持ちを込めて話をすると聴き手の心に内容がぐっと届きやすくなります。喜ばしい内容の時はうれしそうに、伝えたい部分には力を込めて話してみましょう。プレゼンでよくないのは、上手く伝えようと必死になって資料を読み上げるだけになってしまうことです。観客が聞きたいのは資料の説明でなくあなたのプレゼンです。見落としがちですが、かなり効果的なテクニックの一つです。

間を使いこなす

 眠そうな人や気が散漫な人を話に引き込むテクニックです。重要な話をする前には、一旦話を止めて何も音を出さないようにしてみましょう。すると今まで話を聞いていなかった人も空気が変わったことに気が付いてプレゼンターであるあなたに注意を向けるでしょう。観客の注意があなたに集中したところでまた話し始めるのです。間を上手に使うのも話し方のテクニックの一つです。



 話し方のテクニックを使うのもよいですが、聞き取りやすい声でしゃべれているのかも確認してみましょう。はっきりした声ともごもごした声では聴き手の注意の引き方が大きく変わります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する