1. 会社の返信メールにおける宛名の書き方のマナー

会社の返信メールにおける宛名の書き方のマナー


 ビジネスメールで返信する際にどういう宛名の書き方をすればいいのかわからず困ったという方はいらっしゃるでしょうか。ここでは、会社のビジネスメールの返信をする際に気を付けたい宛名の書き方のマナーを紹介したいと思います。

正式な宛名を書くのが返信メールの基本

 会社から出すメールに関しては、ビジネスメールにのっとった宛名の書き方のルールがあります。たとえ相手の宛名の書き方がルールに沿っていなかったり、省略されていたりしても、返信メールでは、正式な宛名を書くようにしましょう。

返信メールにおける宛名の書き方

会社名は、正式名称を書く

 株式会社などの部分は「(株)」とするのではなく、しっかりと正式名称で書きましょう。また、略称の方が馴染み深い会社に対して返信メールを送る際でも、正式名称で書くべきです。

部署名と担当者名を書く

 会社名の後には、部署名と担当者名を入れます。返信メールの場合は、担当者の名前が記されている場合が多いと思いますが、その場合は、「担当者様」という表記は避け、しっかり相手の苗字を書くようにしましょう。

返信メールの宛名の書き方の例

 これまで指摘したマナーを踏まえると、以下の様な宛名の書き方になります。


 株式会社〇〇

  △△部 △△課

   課長 ××様





 ここでは、返信メールの宛名の書き方のマナーを紹介しました。相手がどういう宛名の書き方をしてきても、ビジネスマナーに沿った宛名で返信するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する