1. 上手なプレゼンの話し方とは?主張が良く伝わる構成の仕方

上手なプレゼンの話し方とは?主張が良く伝わる構成の仕方


 伝わりやすいプレゼンとはどのようなものなのでしょうか?面白いプレゼンには様々な要素が必要ですが、良いプレゼンとダメなプレゼンはそもそも構成が違います。ジョブズやカーネギーなど名プレゼンターはどんな話し方をしているのでしょうか?プレゼンの構成という面から考えてみましょう。

「結論、要点、理由」の順番で

 話すときには「結論、要点、理由」の順番で話しましょう。まずは全体の結論を伝え、それを構成主なポイントを話します。そのあとにそれぞれの要点を詳しく説明するのです。つまらないプレゼンは大抵これと逆の順番で話しています。アイディアの経緯を一から話しても聴衆が退屈するだけです。まずは結論を話して徐々に詳しい話をしていくようにしてみましょう。

問いかけやインパクトのあるフレーズを用いる

 それぞれのパートの初めに聴衆を惹きつける言葉を使うとさらに効果的です。例えば、結論を言う前に質問を投げかけてみましょう。少し考えさせた後で結論を提示すれば、さらに聴衆はあなたの話に聞き入ってくれるはずです。また、インパクトのあるフレーズを混ぜてみるのも有効な手段です。結論、要点、理由のそれぞれのパートでは一度聴衆の目を惹きつける方法がないか考えてみましょう。



 いかがでしょうか?プレゼンの構成を上達させるには上手なプレゼンを見るのが効果的です。TEDなどを参考にして上手な話し方を身に着けてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する