1. 会社からビジネスレターを出す際に気を付けたい、封筒のマナー

会社からビジネスレターを出す際に気を付けたい、封筒のマナー


 会社から出すビジネスレターには多くのマナーがあります。その中からここでは封筒の書き方や出し方のマナーを紹介したいと思います。

封筒の表面の書き方

郵便番号は必ず入れ、住所はわかりやすく書く

 住所だけ記してある名刺を渡されているケースもありますが、自分で調べ、郵便番号は必ず入れるようにしましょう。また、住所ですが、切れ目を意識して、番地などの数字で切れ目を作らないようにしましょう。

会社名は正式名称で書く

 会社名は省略しているものではなく、正式名称で書きましょう。特に、後株か前株かは事前に調べて書くほうがいいでしょう。

宛名の敬称


会社全体に送る時…「御中」

役職名の後につける場合…「殿」

個人名の後につける場合…「様」

関係者全員に向けて送る場合…「各位」


封筒の裏面の書き方

裏面には自分の情報を書く

 裏面には、相手が返信する際に宛先や住所を調べる中で困らないよう、自分の郵便番号と住所を書き入れるようにしましょう。

封をしたら、「〆」印を入れる

 封をしたら、封筒を閉じたという証を残すために封筒に「〆」を入れましょう。




 ここでは、ビジネスレターにおける封筒のマナーについて紹介しました。封筒は、手紙を見る前に目に触れ、印象を決める部分ですので、マナーを守った書き方を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する