1. プレゼンで気をつけたい語尾の話し方!印象をよくするためにはどうすればいい?

プレゼンで気をつけたい語尾の話し方!印象をよくするためにはどうすればいい?


 プレゼン準備の際に話し方には注意していますか?内容が素晴らしいプレゼンでも話し方次第では相手に悪い印象を当てる恐れがあります。話し方の差が顕著に表れるのが語尾です。今回はプレゼンの時に気を付けるべき語尾の話し方を解説します。

ハッキリと、伸ばさずに

 語尾が弱弱しいと発言に自信がないように聞こえてしまいます。消え入るような語尾はNGです。語尾はハッキリ発音しましょう。また、語尾を伸ばすのもダメです。伸びた語尾はだらしない印象を与え、相手を不快にさせます。語尾はハッキリと発音するば熱意が感じられる話し方になるでしょう。

強調しすぎもNG

 しかし、語尾を強く発音しすぎるのも考え物です。語尾が強いと高圧的な印象を与えます。強気な態度を見せるのもいいですが、相手を威圧してはいけません。相手に語り掛けるような強すぎない語尾を意識しましょう。

同じ語尾を繰り返さない。 

 「~ます」「~ます」というように、同じ語尾が繰り返されると退屈な印象を与えます。書き言葉で違和感を感じるのだから、もちろん話し言葉でも避けた方が良いです。色々な語尾を用いて刺激のある話し方をしてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する