1. 会社内のチームが結果を出すために必要な正しい目標設定の仕方

会社内のチームが結果を出すために必要な正しい目標設定の仕方

  • 2088views
  • 0fav


 あることを成し遂げるためには、目標というものが不可欠です。どんなチームであっても、目標の無いチームというものはありえないでしょう。その目標に向かって、様々な努力を積み重ねるわけですが、その時に必要なのが正しい目標設定というものです。


 目標を高く掲げることは良いことですが、あまりにも地に足がついていない目標だと逆にモチベーションが上がりづらいという弊害も生まれてきます。ここでは、正しい目標設定の仕方のコツをご紹介します。

全員が納得・合意できるものにする

 チームの目標を達成するためには、チームメンバー全員がその目標のために努力をしていかなければいけません。その時に、一人でもその目標に関して疑問や違和感を感じている状況だと効率的に仕事は周りません。

 そのため、チームの目標は全員が本音で合意出来るものにすべきでしょう。同調圧力を創りだすようなチームはそもそも良いチームとはいえませんし、動き出したところで結果は予想することが出来ます。一人ひとりの意見を汲み取り、納得できる折衷案を作り出しましょう。

最終目標から逆算した小目標をいくつも立てる

 はじめからゴールだけを見据えて走り続けることはなかなか難しいことです。ですので、そのゴールから逆算した小さな目標を幾つか立てて行って、たくさんの達成体験を作っていきましょう。

 達成体験を積めば積むほど、目標達成のコツというものが分かってきてそれを達成することが楽しくなってきます。仕事をする上で大切なのは楽しんですることなので、良い影響を与え続けることができます。

 正しい目標設定をした上で、結果を出せるチーム作りをしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する