1. プレゼン後の質問では名乗る?名乗らない?質疑応答での名乗りのコツ

プレゼン後の質問では名乗る?名乗らない?質疑応答での名乗りのコツ


 プレゼンは様々な場で行われます。そこで気になるのが質疑応答のとき。質問をする前には名乗るべきでしょうか?それとも名乗りは不要でしょうか?今回はそんな疑問について考えてみます。

無難なのは周りに合わせること

 名乗るかどうかは場がどのような人員で構成されているかによって変わります。一番無難な対応は周りに合わせることでしょう。自分より前の質問者が名乗っているのならあなたも同じように名乗ってください。このような問題は場の空気に左右される部分も大きいです。プレゼンターや他の質問者を参考にしておけば大きな問題はないでしょう。

名乗るときは簡潔に

 名乗るときには最低限の情報が伝わるように簡潔に名乗りましょう。あなたがマイクを持ったのは質問をするためのはず。自己紹介はそこそこにして、質問に時間を割くようにしましょう。


 様々な会社の人が集まる場だったら所属する会社と名前を名乗り、会社内の多くの部署が集まる場なら自分の所属部署と名前だけを名乗りましょう。その場に合った最低限の名乗りをするのが失礼にならないコツです。



 実際にその場に立ち会ったら判断に迷いますが、失敗してもそれほど大きな問題にはならないことがほとんどです。どうすればいいか分からないときは簡潔な名乗りだけをしておけば相手の時間を奪うこともないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する