1. 仕事を効率良く行うための営業数字の作り方

仕事を効率良く行うための営業数字の作り方


 営業数字とはその目標の数値や達成度など、営業に関する数字を総称したものです。営業数字は仕事を行う際の指標にもなり、モチベーションなどにも大きく影響してくるので、その基礎的な作り方を是非マスターしておきましょう。

まずは目標を細分化する

 営業数字は半期や年単位での目標を提示するのが一般的かと思いますが、それをまず細分化することが重要です。月単位や週単位で目標が固まっていればそこから具体的な行動に移しやすいからです。目標を具体的な数字に落とし込む前に、最初に細分化するというところから始めてみましょう。

達成できる可能性のある数字を導き出す

 よくある話だと、上から降りてくる目標数値があまりにも無謀過ぎるというものがあります。これは、会社全体のモチベーションを下げることにも繋がってしまうので避けておきたいところです。まずは、営業マンができる範囲の行動を分析し、そこから無理のない数字を導き出しましょう。そうすることにより、達成できなかった場合でも報告がしやすくなり、仕事に対するモチベーションも上がると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する