1. 転勤先の上司に対する挨拶の仕方

転勤先の上司に対する挨拶の仕方

  • 8021views
  • 0fav


 入社から定年まで、ずっと同じ会社に勤めるという人は今の時代減ってきています。終身雇用は崩れ、もはや転職は当たりまえの時代であると言ってもよいでしょう。


 その中で避けては通れないのが「転勤」です。転勤先には殆どの場合上司がいると思いますが、そこでの人間関係をより良好なものにするため上司との関係性はとても重要です。その第一歩として、挨拶があります。どのようにすれば良い印象を持ってもらえるのでしょうか。

挨拶は転勤が決まった日と、初出勤の前日にする

 まずは挨拶をする時のタイミングですが、転勤先の上司に対する挨拶のタイミングは2つあります。まずがは転勤が決まった日です。これは報告として、「〇〇からそちらで働くことになりました。よろしくお願いいたします。」といった風に連絡を入れておくことが大切です。

 次に、転勤先初出勤のタイミングです。その前日には必ず上司に対して連絡を入れておきましょう。何の連絡もなく当日出勤してくるのだと、よりきちんとした受け入れ体制を取ることができ、自分も、そして転勤先企業の人たちも心の準備が出来るからです。

自己紹介は当たり前

 とはいえ挨拶は当たり前のこと、つまり自己紹介を当たり前にいうだけで大丈夫です。自分はこんな人間でこういうものに興味がありますと付け加えて伝えるのもよいでしょう。

 大切なのは第一印象です。いかに良い印象をはじめの挨拶の時に与えられるかどうかで、上司からの評価云々とはなく単純に人として好かれるかどうかのところが大きく変わってきます。

 初対面ということで、はじめは徐々に距離感を測りながらで構いません。礼儀正しく失礼のないように振る舞うことが、当たり障りのない印象を与えるための方法です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する