1. 新人営業マンが把握しておくべき営業の仕事の流れとは

新人営業マンが把握しておくべき営業の仕事の流れとは


 新人の営業マンにとって、まずは仕事の流れを理解することが重要だと思います。仕事の流れさえわかれば、あとは知識や経験を詰め込んでいくだけなので、まずは基礎的な部分として流れを把握しておきましょう。今回は、営業の仕事の流れを簡単に解説していきます。


①行動計画を立てる

 営業は外に出ることが多いので、具体的に計画を立てる必要があります。何時にどの営業先に行き、何時にどこに電話をするのか、などあらかじめ決めておくと効率良く行動に移すことができます。

②計画や目標の発表・共有

 上司や同じ部署の人には計画や目標をあらかじめ伝えておくと、終わった後の報告もしやすくなると思います。朝会や朝礼がない会社もあるとは思いますが、計画・目標を最初に共有することはモチベーションを上げる上でも重要なことではないでしょうか。

③外まわり

 営業マンにとって、外まわりはメインの仕事になってきます。外まわりと一言で言っても、飛び込みやアポ訪問など種類は様々ですが、訪問することに変わりはありません。

④アポをとる

 外まわりだけでなく、アポをとることも営業の仕事のひとつです。訪問する先がなければ意味がないので、電話やメールでアポをとって仕事を作るのです。

⑤お礼状を作る

 営業マンにとって忘れてはいけないのが、お礼状の作成です。忘れてしまっては失礼にあたってしまうので、是非心がけておきましょう。最近ではメールでお礼状を作成するのが一般的になってきています。

⑥報告書(日報)の作成

 営業マンは実績が具体的に出やすいので、報告書を書くことは必須です。営業の結果次第で会社がやるべきことも大きく変わってくるのでしっかりとした報告書の作成を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する