1. プレゼンの質問が思いつかない…そんな人は話の聞き方を変えてみよう!

プレゼンの質問が思いつかない…そんな人は話の聞き方を変えてみよう!


 プレゼンの後に良くある質疑応答。できれば気の利いた質問をして周りをアッと言わせたいものです。しかしなかなか質問が思いつかず、結局いつも黙ったまま…という人も多いでしょう。上手な質問が思いつかない人はどうすればいいでしょうか。

ただ「なるほど」と思いながら聞いてはいけない

 質問が思いつかない人は、プレゼンの聞き方が良くないのかもしれません。あなたはプレゼンを聞くときに、ただプレゼンターの言うことをただ理解しようとしているだけではありませんか?それでは何の気付きも得られません。プレゼンを聞くときには常に「この話は正しいのだろうか?」と疑問を持ちながら聞くようにしてください。

「具体的には?」を考える

 では、どのようにすればプレゼンの内容に疑問を持つことができるのでしょうか?それは、現実の状況を考えながら聞くことです。例えば、「これは○○の場合ではどうなるのだろう?」や「この案を実行できるのは実際はどんな時だろう?」と考えてみてください。具体的な状況をイメージしてみることで、なんとなく聞いていたプレゼンの不備が見えてくるはずです。



 そこそこ上手な人のプレゼンは、論理に筋が通っているのでそれだけでは納得してしまいがちです。常に具体的な状況を想定してみればきっと質問したいことが浮かんでくるでしょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する