1. 会社で上司や他社の人を紹介するときのマナー

会社で上司や他社の人を紹介するときのマナー



 会社で上司や他の部署の人に同行してもらい商談や会議をする時などに、紹介の順番や仕方で悩んだ経験のある方は多いのではないでしょうか。ここでは、会社で人を紹介するときのマナーを紹介します。

紹介するときの原則的なマナー

 会社で人を紹介するときは原則として、自分と関係が近い人で、役職の低い人から紹介していくのがマナーです。もし複雑で覚えきれないという場合はこの原則をしっかり押さえておくと良いでしょう。

自社の上司と自分、他社の人がいる場合

 原則のマナーを具体的な例を挙げて紹介したいと思います。上司に同行してもらい、他社の人と面会する場合は、まず、身内である上司を他社の人に紹介します。紹介する際は、部署名と名前程度の簡単なものが良いです。具体的には、「こちらは私の上司の〇〇部の△△部長でございます」というような紹介の仕方が良いでしょう。

紹介した人が話の進行役になる

 他社の人や同僚を紹介する場合、紹介した相手同士はまだうまくコミュニケーションがとれない可能性もあるため、紹介した人が話の進行役になります。両者の話をうまく聞き入れながら進行していくようにしましょう。




 ここでは、会社の打ち合わせや会議で人を紹介するときのマナーを説明しました。原則を上手く押さえることで、マナー通りの紹介ができるのではないでしょうか。打ち合わせや商談、会議が多いというビジネスマンは是非覚えておいて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する