1. 相手からの印象を上げる!「バレンタインデー」のお礼メールを書く際のポイント

相手からの印象を上げる!「バレンタインデー」のお礼メールを書く際のポイント

 「バレンタインデー」まで残り1ヶ月となり、楽しみになってきた男性も多いのではないでしょうか。ただ、女性からチョコレートを貰うのは嬉しいことですが、その後の対応次第では女性からの評価も下がり兼ねません。


 ここでは、「バレンタインデー」でチョコレートを貰った後のお礼メールを書くポイントを紹介していきたいと思います。

どんな場合であれ、必ずお礼をする

 最近は「義理チョコ」も流行りだし、好きな人以外にもチョコレートを渡す習慣が根付いてきました。ですが、義理チョコであれ貰いものに変わりはありませんので、貰った場合は必ずお礼をするように心がけましょう。


 お礼を疎かにすると女性からの評価は下がり、社内の人間関係にヒビを入れてしまう可能性すらあります。貰って終わりではなく、必ずお礼をするという意識を持っておきましょう。

お礼メールの書き方

 そうは言っても、どのようにバレンタインのお礼メールを書けば良いか、分からないという人も多いと思います。下記の例文を参考に、お礼メールを書く際のポイントを紹介していきます。

先日のバレンタインデーには温かいお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。

いつも職場でいろいろとお世話になっているうえに、大変高級なチョコレートに加えて好みのウイスキーをお贈りいただき、感激しています。

早速いただいたチョコはウィスキーと一緒に、大変おいしくいただきました。

職場ではこれまで以上によろしくお付き合いください。

取り急ぎお礼まで。

出典: バレンタインデーのお礼 - 郵便 - 日本郵政

日頃の感謝を忘れない

 お礼メールを書く際は、日頃の感謝も忘れないようにしましょう。ついついバレンタインデーのチョコレートに対するお礼だけになってしまいがちですが、日頃の感謝を入れることで印象は大きく変わります。お礼メールを書く際は、「いつも職場でいろいろとお世話になっているうえに〜」というような一文を入れるようにしましょう。

食べた後は感想を入れる

 チョコレートを食べた後にお礼メールを書く場合は、チョコレートを食べた感想をメール内に入れましょう。「早速いただいたチョコはウィスキーと一緒に、大変おいしくいただきました。」といったような感想を入れることで、相手が感じる嬉しさも増し、印象も良くなるでしょう。



 以上、バレンタインデーのお礼メールを書く際のポイントを紹介してきました。チョコレートを貰った後の対応で、あなた自身の印象が変わると言っても過言ではないので、チョコレートを貰った後はしっかりお礼をしましょうね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する