1. 宴会で役立つ、社員が覚えておくべき上司へ挨拶をする正しい順番

宴会で役立つ、社員が覚えておくべき上司へ挨拶をする正しい順番

  • 3621views
  • 0fav


 上司・部下の関係性は宴会の場において特に明確に見て取ることが出来ます。ビジネス上の飲み会というのは、ただお酒を楽しく飲めば良いというものではなく、ある程度のマナーのもとで楽しまなければいけません。


 そこで一番大切なのは、挨拶の順番です。どういった順番で挨拶をしていけばいいでしょうか。

挨拶は目上の人からがマナー

 当然のことかもしれませんが、挨拶は目上の人からしていくことがマナーです。同じ社内の人のみの宴会の時は特に注意する必要もないでしょうが、社外の人もいるような場ではどうでしょう。


 人同士の上下関係を把握していない場合は、宴会が始まる前に席順をしっかり確認をしておく必要があります。基本的には上座に座っている人が上司なので、その位置関係を把握しておくことによって上下関係も把握しておける事になります。

同じ立場だったら...

 複数の社長や部長など同じ階級の人たちが集まる場では、まず他の会社・部署の人から挨拶をしていきましょう。同じ会社・部署の人はいつも顔を合わせているので、そっちが優先ではなくまずは外部の人へ挨拶をしに行くことが大切です。


 もしその場で自分の立場が下であった場合は、会が始まる時だけではなく終わるときのお見送りの挨拶も大切です。宴会の場はコミュニケーションを円滑に進めてくれる場なので、宴会といえどもそれを上手く利用し自分の役割を全うしていくことで、後々の業務にも良い影響を与えることもあるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する