1. 上司から掛けられた励ましの言葉に対するお礼の仕方

上司から掛けられた励ましの言葉に対するお礼の仕方

  • 11799views
  • 0fav


 仕事でミスをしてしまった、なかなか仕事が上手くいかない、そんな時は多くの人が落ち込み元気をなくしてしまいます。しかし、そういう時に心の支えとなるのが自分の上司からの励ましの言葉ではないでしょうか。


 仕事における上司の励ましというのはモチベーションに大きく影響するので、部下にとっては何よりの栄養剤になります。励ましてもらったからには、きちんとお礼をしなければいけませんね。さて、ではどのようにすれば良いのでしょうか。

もっと深入りして悩みを聞いてもらう

 お礼じゃないじゃないかと思うかもしれませんが、あることで励まされたときに単発で「ありがとうございます」と言ってしまったらそこで終わってしまいます。「実は他にもこんな悩みがあって...」といった風に別の悩みを相談してみて、それに対するアドバイスをもらった時に「ありがとうございました」というと、単発のお礼よりも言われた側の気持ちは全く違います。


 自分を頼ってくれているのだという安心感を与えることで、また自分が乙混んでいる時に励ましてくれるかも知れませんし、関係性も良くなっていくことでしょう。

自分の成長が一番のお礼

 とはいえ、上司としては自分が励ました人間がその後立ち直り成果を出そうと頑張っている姿を見ることが最も嬉しい事であり、それが一番のお礼として受け取られます。


 励ましの言葉を掛けてくれる上司は、まさに親心といってもいいくらいの思いを持ってあなたに声を掛けてくれています。あまりそのような姿は見せませんが、しっかりとそのことを自覚し、上司の言葉で元気を出して成果・結果を出す事によって上司の方にしっかりとお返しが出来るように精進していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する