1. 上司のアドバイスに対する礼儀正しいお礼の仕方

上司のアドバイスに対する礼儀正しいお礼の仕方

  • 5049views
  • 0fav


 上司にアドバイスをもらうことは、仕事をしてく中で多々あると思います。その時に、あなたはどんな反応をしているでしょうか。


 その時の態度によっては二度とアドバイスをしてきてくれなくなってしまうかもしれないですし、ずっとお世話をしてくれるかもしれません。ここでは、上司からアドバイスを貰った時に役立つ礼儀正しいお礼の仕方についてご紹介します。

素直に受け容れること

 どんなアドバイスであっても、上司は憎くてアドバイスをすることはしません。それが自分にとって的確であろうがそうで無かろうが、自分の事を思っているが故の言葉なので、少なくともそれは素直に受け容れましょう。


 ここで、反抗的な態度をとってしまうことはビジネスマンとして相応しくない態度であり、社内の関係性を築くという点でもマイナスに作用してしまいます。どんな時でも余裕をもって受けましょう。

お礼の言葉を伝える時も尊敬の気持ちを持つ

 お礼をいう時でも、相手を立てるような言い方をしなくてはいけません。例えば何かアドバイスを受けた時に「ありがとうございます」とだけ返すのではなく「お忙しいところ、どうもありがとうございます。」と一言付け加えるだけで親切な言い方になりますし、相手にとっても失礼の無い言い方になります。


 また、次回以降もアドバイスを受けたいと思う時は「これからも何かと助言を仰ぐ事があると思いますが、何卒よろしくお願い致します」といった風に次回にもきちんと繋げられるような言葉を足しましょう。これは、上司に対する好感度アップにも繫がる可能性があります。


 感謝の気持ちを伝えるということは、日頃からとても大切なことです。常に上司に対しては感謝の気持ちを忘れずにして仕事に励んでいきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する