1. 異動する部下に対して良く使われる贈る言葉

異動する部下に対して良く使われる贈る言葉


 もうそろそろ人事異動の時期を迎えます。サラリーマンなら転勤はつきものですので仕方のないことですが、大切にしていた部下、嫌いな部下いろいろな部下がいますが当然送別会を実施します。


 その時上司なら当然 部下に対する贈る言葉を述べることになります。この送別会での贈る言葉というのは、贈られる人にとって意外にも心に残るものですので、やはり最後ぐらいはどんな部下であっても気のきいた言葉の一言を準備するのが上司としての役目でもあります。

よく使われる言葉

 ではどのような言葉がよく使われるのかといいますと、一番多いのは「一緒に仕事ができて楽しかった」です。今までいろいろ意見がぶつかり、時には叱ったりもしたはずですが、振り返ってみるといい思い出のはずです。 もちろん転勤してくれてありがとうと述べたい相手もいるでしょうが、最後の言葉ですので、何事もなく送り出したいという思いを込めるのです。


その次に多いのが「ありがとう」です。これはシンプルではありますが、話上手でない 上司もいますので長々と話すより、真心を込めて一言というのもかっこいい挨拶です。気持ちが入っていればきっといい挨拶になるはずです。その他には「職場に必要な存在だった」「いなくなると思うと寂しい」「彼ならどこでも通用する」などがあります。

言葉の選択

 どの言葉を選択するかは好みにもよりますが、いずれにしても大切なのはこれまでの労をねぎらってあげることです。一番多い贈る言葉には、人間関係が良好だった印象を強く与えます。そして「ありがとう」は単純ではありますが、 いろいろと語るよりも言葉の重みを感じることができますし、「職場に必要な人材」という言葉は今後の励みにもなる言葉です。


 いずれにしても、大切なことは相手の良き思い出となるようにすることが大切です。彼らはこれから新天地で仕事をしなければならない不安も抱えているはずですので、今後しっかり頑張っていただく為にも、送別会での言葉というのは良く選ぶ必要があるのです。


 ごく稀ではありますが、嫌いな部下に対して必要以上に持ち上げる上司がいますが、これはあまり好ましくありません。 必要以上に持ち上げることで相手に「そんなに異動するのが嬉しいのか」と誤解を招く場合もあります。送別会で準備 するのはあくまでも贈る言葉です。これは上司が最後にできる部下への贈り物なのです。贈りものなので、花束などを添えるというのもきっと部下のいい思い出になるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する