1. 「上司に質問するのが怖い…」という思いを克服する方法

「上司に質問するのが怖い…」という思いを克服する方法


 会社内では、上司と部下という上下関係が存在します。部下の立場から上司という存在を見ると、上司の性格と部下の性格にもよりますが、大抵怖い存在になるのかと思います。


 部下が上司を怖がり、聞きたいことも聞けない状況は好ましくありません。どのように考えを変えれば、抵抗を感じずに質問に行くことが出来るのでしょうか。

質問に行くときの準備

 上司はやはりいろいろな意味で怖い存在にならないといけない部分も当然あります。 この上司は甘いから、と部下に思わせてしまうと仕事の内容も手抜きになってしまう可能性も出てきますし、取引先の前での部下の礼儀も変わってくるからです。


 ですので、上司は怖いけれどむやみに怖いと考えずに、質問する際、上司の性格によって多少部下も対応は変えないとなりません。この質問は何のためにするのかという目的を頭の中で整理して、一旦落ち着きましょう。


 この様な内容もわからないのか?と叱られるのが怖いのであれば、自身でとことん調べることが大切です。その結果、内容に自信が持てななく怖いのであれば、質問をしないで仕事を失敗をした時のリスクと比較してみましょう。そうすればどんなに怖くても質問しないと前には進めないということは分かるでしょう。仕事には責任が伴いますので、責任放棄することの方が怖いと考えれば質問もしやすくなるのではないでしょうか。

相手の状況を確認する

 上司も機嫌に左右される方もいますし、忙しいときに突撃のように質問をすれば当然叱られます。


 質問する時には、上司がいま何をしているのかという作業状況を確認して、質問する内容が急ぐようであれば、上司の作業を中断して頂いてまでの内容と考えたが、上司はどう考えるか意見を求めれば良いことなので、部下はただ上司だから怖い、この様な内容を聞いたら叱られないか?等、自分の気持ちを優先するのではなく、仕事として責任感を持って仕事に励めば、なにも怖くなくなると思います。 質問しないで失敗や結果不出来になるよりは、叱られても、仕事に支障をきたさない、内容、出来が良くなる、自分の勉強にもなる、と前向きに捉えるようにすれば、怖さはなくなります。



 会社は仕事をしに行く場ですので、円滑な人間関係はとても大切ですが、目的をきちんと考え、何が本当に必要なことなのか、何が、本当に怖い事なのかを考えればわかります。 


 ですが、やはり相性の良くない上司ももちろんいると思います。その様なときは、益々質問しにくい気持ちになりがちですが、相性が悪いから等考えながら質問しに行ったりすると感情は伝わりますので、できるだけ自分の思いは伝わらないように質問すると良いのではないでしょうか?


 質問することは決して悪い事と捉えないことだと思います。 何回も同じことを質問するのは責任感のない証拠ですので、むしろ怖がったほうが良いですが、経験不足や知識不足を認めて仕事に必要な勉強をさせて頂くという気持ちで取り組めば、上司にも仕事に対する姿勢も伝わりますので怖がることはないかと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する