1. プレゼンでAとBなど比較するときに便利なグラフとは?

プレゼンでAとBなど比較するときに便利なグラフとは?

 プレゼンを行う際、何かと何かを比較する機会は多くあるかと思います。比較するものが2つなら口でも説明することが可能ですが、多くなればなるほど口での説明では難しくなります。そんな時に便利なのがグラフです。比較するのに便利なグラフを紹介します!

棒グラフ

 棒グラフは、縦軸でデータ量の大小を測ることが出来るので比較するのに非常に便利なグラフです。一度にいくつものデータと比較することが出来、重要なポイントを伝えるのに役に立ちます。さらに立体感を出し、多くの情報を比較することも可能です。気をつけることとして、時間の順や人気順など整えて並べましょう。あまり意味もなく並べてしまうと何が重要なことなのか見逃してしまいます。

帯グラフ

 帯グラフは、時系列で比較することが可能です。よく社会の教科書などにも利用されています。構成内容の比率(全体を100%)を比較します。気をつけることとして、棒の長さは全て同じにします。また、項目の順番も同じにしましょう。項目を並べる順番を途中で変えると、割合の変化がグラフを見てわからなくなってしまうので、一つのグラフの中で順番は変えないようにしましょう。

 
 比較する上でこのようなグラフを利用することが出来ます。グラフを利用することで自分の伝えたい内容をより分かりやすく伝えることができるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する