1. プレゼンでグラフの使い分けをするポイント

プレゼンでグラフの使い分けをするポイント

 プレゼンでグラフを利用する人は多いと思います。しかし、グラフと一言で言っても、何種類もあるためどれを利用して良いか分からなくなってしまいます。そうならないためどのグラフをどのタイミングで使うべきなのか紹介していきます。

棒グラフ

 棒グラフは、縦軸にデータ量をとり、棒の高さでデータの大小を決めるものです。データの大小を比較するのに適しています。

折れ線グラフ

 折れ線グラフは、横軸に年や月といった時間を、縦軸にデータ量をとり、それぞれのデータを折れ線で結んだグラフです。折れ線グラフは、過去から現在などの変化を見せるのに適しています。

円グラフ

 円グラフは、円を全体として、その中に占める構成比を扇形で表したグラフです。円グラフは、扇形の面積により構成比の大小が分かるので構成比を示すのに役立ちます。合計が100%になるように作りましょう。

散布図

 散布図は、縦軸と横軸にそれぞれ別の量をとり、データがあてはまるところに点を打って示すグラフです。2つの量に関係があるかどうかを見るのに使います。2種類のデータの相関関係を見るのに適しています。


 自分の示したいものに適したグラフを使っていきましょう。グラフも3次元化などして立体感をもたらすことも出来るので実際に作ってみることをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する