1. あのスターバックスも開始したソーシャルギフトサービスの今後の展開を探る!

あのスターバックスも開始したソーシャルギフトサービスの今後の展開を探る!


 今週、スターバックスがソーシャルギフトサービスを開始したというニュースが流れました。スターバックスも参入したソーシャルギフトサービスは、若者を中心に需要が高まってきています。この新しいソーシャルギフトサービスの現状と、今後の展開はどうなっていくのかを探ります。

スターバックスが開始したソーシャルギフトサービスとは

 今週スターバックスは、ソーシャルギフトサービスを開始しました。スターバックスが開始したサービス内容は、ソーシャルギフトサイトにてギフト(例:500円分の商品券)を購入し、Facebook やLINEなどのソーシャルメディアを通じてそのギフトを送り、送られた人はスターバックスでその画面(商品券のバーコード画面)を見せると、その場で商品券として使うことができる、というサービスです。バーコード画面を見せた後は、その画面から直接、もらった相手へ「お礼メッセージ」が送れるようになっています。

現在のソーシャルギフトサービス概要とその人気は?

 現在行われているソーシャルギフトサービスは、ソーシャルギフトサイトにて数百円~という手ごろな価格からソーシャルギフトが購入でき、FacebookやLINEといったソーシャルメディアを通じて贈り合うことができます。贈られた人は実店舗へ行き、そのギフト画面を見せることで商品が購入できるというサービスです。そして今人気なのが、500円、600円といった手頃価格の商品で、クリスマスなどにビール一杯をギフトで贈る、といった手頃価格なギフトが人気です。

ソーシャルギフト今後の展開はどうなる?

 ソーシャルギフトの人気の理由は、ソーシャルメディアを通じて送ることができるので、商品を購入・発送する、という手間がかからないこと。相手の住所がわからなくても送れること。手頃な価格の商品が揃っており、送料もかからないこと。などです。そして、その手軽さから若者を中心に人気を得ています。そのため、若者層を狙った商品などや、ビジネスマン・ビジネスウーマンの層を狙ったフード業界などが参入しても今後の展望はありそうに見えます。


 また、ソーシャルギフトサービスの最大の特徴は、ソーシャルギフトをもらうために顧客(送られた側)が実店舗に足を運ぶ、というところにあります。実店舗から顧客の足が遠のいている現状がある今、ソーシャルギフトサービスの参入により顧客が実店舗に戻ってくることが期待できるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する