1. 職場でバレンタインチョコを渡す際に知っておきたいマナー

職場でバレンタインチョコを渡す際に知っておきたいマナー


 これまで「バレンタインデー」は女性が好きな男性に手作りのチョコレートを作って渡すというイベントでしたが、最近では「義理チョコ」という言葉が生まれるなど好きな人以外にもチョコレートを渡す習慣が根付いてきました。


 そういったことから、会社の職場内でもチョコレートを渡すようになってきました。しかし、職場でチョコを上げる際にもマナーがあります。ここでは職場でチョコを渡す際に意識しておきたいマナーを紹介していこうと思います。

会社内でチョコレートをあげて大丈夫か確認する

 まずは、自分の勤めている会社が職場内でチョコレートを渡して大丈夫かどうかを確認するようにしましょう。最近では、職場でチョコレートを渡すことを禁止している会社もあります。


 それを知らずにチョコレートを渡してしまうのはマナーとして良くないので、自分の会社がチョコレートを渡して大丈夫かどうかを確認してから、渡すようにしましょう。

贈られた人と贈られなかった人を作らない

贈られた人と贈られなかった人がいると、「もしや自分だけ貰えなかった?」と傷つく可能性も大です。贈る場合には全員に公平に。とはいえ、大人数の場合には、「大きなBOX入りチョコレートを皆さんで。」とか「役職者のみ全員」など誰からみてもわかりやすいルールを作ると良いでしょう。

出典: 2/2 職場で贈るバレンタイン 【5つの掟】 [ビジネスマナー] All About

 職場でチョコレートを渡す際は、全員に公平に渡すようにしましょう。渡された人と渡されなかった人がいると、職場内も変な雰囲気になってしまいます。もし、全員に渡すつもりがないのであれば、職場内で渡すのは避けるべきです。

周りと足並みを揃える

忘れてはいけない一番のマナーは、自分の職場の慣習に従うということです。「他の女子社員に差をつけよう」などと考えていると後々気まずくなってしまうかもしれません。バレンタインが近づいたら、周りの女子社員と話し合い、足並みを揃えるのが一番です。

出典: 職場を明るくする気遣いバレンタイン | クーリモ

 職場でチョコレートを渡す際、自分だけ良く見られたいという思いでチョコレートを渡すのはやめましょう。周りの先輩や同僚がどの部署に配るかなどをしっかりと話し合い、周りと足並みを揃えてチョコレートを渡すべきです。職場で渡す際は、独断で行動せず会社の慣習を従うようにしましょう。



 以上、職場でチョコレートを渡す際のマナーについて紹介していきました。最低限のマナーを守って楽しくバレンタインデーを終えられるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する