1. バレンタインデーで上司に渡すチョコレートを選ぶ際、参考にしておきたい「金額」

バレンタインデーで上司に渡すチョコレートを選ぶ際、参考にしておきたい「金額」


 「バレンタインデー」を迎えるにあたって、上司にどういったチョコレートをあげるべきか悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは、上司に渡すチョコレートを選ぶ際、参考にしたい金額を紹介していこうと思います。

平均金額は500円〜600円

会社の上司・同僚に対しては、「チョコのみ」を贈る人が95.8%。プレゼントを添える人はわずか1.8%です。贈るチョコは平均620円。最も多いのは500円以下のチョコです。恋人・夫への予算とは1000円以上違います。

出典: バレンタインについて|F1層の消費動向を調査「OLマーケットレポート ...

 会社の上司に渡すチョコレートの金額は500円〜600円くらいが平均となっています。チョコレート選びで迷っている人は「ROYCE'」のチョコレートを購入するのが良いかもしれません。値段は700円くらいと安いのですが、味はしっかりしているため、貰った上司も喜ぶと思います。

1000円以上は貰った方が困る

 上司からの印象を良くしたいという思いから1500円くらいのチョコレートを購入して渡す人などもいますが、1000円以上のチョコレートを渡してしまうと貰った側も対応に困るため、少し値段が高めなチョコは控えた方が良いでしょう。


 チョコレートを渡す側だけでなく、渡される側のこともしっかりと考えた上でチョコレートを購入するべきです。せっかくの機会なのですから、渡す側・受け取る側の双方が気持ちよく終われるようにしましょう。



 以上、上司のチョコレートを購入する際、参考にしたい金額を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。上司のチョコレートを購入する際、迷ってしまいがちという人は、ここで紹介したポイントを参考にしてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する