1. 【必ず感謝の一言を!】バレンタインデーで上司にチョコレートをあげる際に意識しておくべきこと

【必ず感謝の一言を!】バレンタインデーで上司にチョコレートをあげる際に意識しておくべきこと


 「バレンタインデー」の季節も近づいてきて、上司にはどんなチョコを上げるべきか、どうやって渡すのが良いかなどを悩み始める人もいるのではないでしょうか。ここでは、上司にチョコレートを渡す上で意識しておくべきことを紹介していきたいと思います。

チョコレートは手で渡すのが基本

 上司にチョコレートを渡す際は手で渡すのが基本です。手で渡せば、日頃の感謝などを伝えることもできるため、上司からの印象も良くなることでしょう。お昼の時間帯や休憩に入る時間などを見計らって直接、手で渡せるようにしましょう。

直接渡せなかった場合は一言メッセージを添える

 しかし、どうしても直接渡せない場合というのもあるでしょう。その際は、チョコレートとともに一言メッセージを添えておくと良いです。

ねぎらい・励まし

 ・いつも遅くまでおつかれさまです。お体を大事にしてくださいね。私もがんばります。


 ・おつかれさまです。今回のプロジェクト、応援しています。うまくいきますように!

おねだり

 ・お口に合うとうれしいです。また今度、飲みに連れていってくださいね。


 ・チョコレート召し上がってください。お返し、楽しみにしています(笑)

日頃の感謝

 ・日ごろの感謝をこめて。チョコを召し上がってください。いつもありがとうございます。


 ・いつもお力添えを感謝しています。心強いです。


 こういった一言を添えて机の上にチョコレートを置いておくだけでも、上司が抱くイメージは大分違います。こういった気遣いがしっかり出来るようになりましょう。



 以上、上司にチョコレートを渡す際に意識しておくべきことを紹介してきました。こういったことを意識できていない人は意外と多かったのではないでしょうか。今年のバレンタインデーで上司にチョコレートを渡す予定がある人は、ここで紹介したことを意識してチョコレートを上げるようにしてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する