1. プレゼンのスライドをキレイに見せる文章の書き方

プレゼンのスライドをキレイに見せる文章の書き方

 プレゼン中にスライドが出てきて文字だらけという光景を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。見るだけでも嫌気がさしてしまいます。もし自分がそんなプレゼンをしていたら聴衆は話を集中して聞いてくれなくなってしまいます。自分の言いたいことをしっかり伝えるために覚えておくべき文章の書き方を紹介します。

箇条書きで見せる

 プレゼンでは、スライドを見せることと口頭での説明を同時に行います。スライドにあまりにも多くの情報が載っていると聞き手は、どこに集中して良いのか分からなくなってしまいます。重要なワードだけスライドに表示して、その説明を口でしましょう。そうすれば、見やすく聞き手もプレゼンに集中してくれます。

相手を主役にする

 プレゼンは、相手が納得しなければならないので相手目線で書く様にしましょう。例えば「当社のサービスは、○○のコストを3分の1に削減します。」ではなく、「お客さまは、○○のコストを3分の1に削減できます。」という風に相手が主役になるような文章を心がけましょう。

漢字を減らす

 あまりにも漢字が続いていると窮屈になってしまい、読みづらくなってしまいます。普段は漢字にしている部分も気持ちひらがなにすることが良いでしょう。例えば「予めご了承頂けます様、御願い致します。」という文章は、プレゼンでは、「あらかじめご了承いただけますよう、お願いいたします。」としておくと見やすいでしょう。


 プレゼンは、普段意識しない部分にも意識を向けなければなりません。プレゼンで文章をキレイに見せるというのは非常に大切なことなのでただスライドを作るのではなく、文字にも意識してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する