1. 会社の人にバレンタインチョコを渡す際に気をつけたいタイミング

会社の人にバレンタインチョコを渡す際に気をつけたいタイミング


 1月も半分が過ぎ、もうすぐ2月に入ろうとしていますが、2月といえば「バレンタインデー」があります。社会人として働いている今でも「バレンタインデー」を楽しみにしているという人は多いのではないでしょうか。


 ただ、会社の人にチョコレートを渡すとなった場合、どのようなタイミングで渡すのが良いのでしょうか。ここでは、会社でチョコレートを渡すタイミングについて紹介したいと思います。

忙しい時間帯には渡さない

贈る相手の忙しい時間帯は外すのがマナー。お茶の時間がある職場ではその時間を利用して贈るのも雰囲気が盛り上がって皆で楽しめるかもしれません。出先から帰ってきた人に「お疲れ様でした。これみんなからです」と言いながら渡すのも喜ばれるでしょう。

出典: 2/2 職場で贈るバレンタイン 【5つの掟】 [ビジネスマナー] All About

 会社でチョコレートを渡す際は、忙しい時間帯は避けるべきです。例えば、出社してから間もない時間や終業の1時間〜2時間前などは止めておくべきでしょう。


 営業部の人などは、営業先から帰ってきた際などのタイミングを見計らってチョコレートを渡せると良いかもしれません。チョコレートを渡された相手も良い気分転換になると思います。

皆に配る場合は「お昼」がベスト

 会社の人にチョコレートを渡すタイミングとしてベストなのは「お昼」でしょう。「お昼」であれば、忙しい人も多くないため、一番渡しやすい時間帯だからです。また「お昼」であれば、人も多くいる可能性が高いため皆で楽しみながらチョコレートを渡すことができるでしょう。



 以上、会社でチョコレートわ渡す場合のタイミングについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。バレンタインデーはお祭りのようなものです。せっかく渡すのであれば、皆が貰って喜べるようにタイミングには配慮しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する