1. 英語のプレゼンで使える効果的なジェスチャーとは?

英語のプレゼンで使える効果的なジェスチャーとは?


 海外の人は日本人に比べてジェスチャーが多いです。プレゼンでのジェスチャーはとても効果的です。自分の話している内容の説得力を増すことができます。

とはいえただ手を動かせば良いというものでもないので、効果的なジェスチャーを覚えておきましょう。

右手は過去、左手は未来

 プレゼンでは、過去の問題点などを洗い流し、未来へ解決しようとするものが多かったりします。そうでなくても、過去に起きた出来事と未来に目指すものなど言う必要はあります。その時に効果的なのが右手を過去とし、左手を未来とします。ただ時系列を淡々と話すのではなく、手を使って時間の流れを見せてあげると聴衆も理解しやすいでしょう。

まっすぐ立つ

 姿勢もジェスチャーの一つです。たまに机に寄りかかってプレゼンをする人がいますが、良い印象にはなりません。まっすぐ立つ事で自信の表れを聴衆に示すことが出来、プレゼンの説得力が増します。机などがある会場でプレゼンを行う場合、出来るだけそこから離れてまっすぐ立ち全身を向けることを意識しましょう。


 ジェスチャーとはいえ、無理にするものではありません。むやみに体を動かすと変な人だと思われてしまうので自然にやることがコツです。本番で自然に出来るように練習のうちから手を使ってみたり、まっすぐ立ってプレゼンを行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する